消費者金融に限度額はあるか?

消費者金融に限度額はあるか?

消費者金融での利用限度額とは、その会社の審査を受けた結果、実際に借りられる額の上限額のことです。一体どのくらい借りることができるのでしょうか?

限度額の決まり方とは?

貸金業法によると、貸付を受ける際の基本的な法として「総量規制」というものがあります。これは、年収の3分の1を超える貸し付けはできない、というものです。たとえば、年収600万円の人が限度額500万円の消費者金融の審査に通ったとしても、年収の3分の1、つまり、200万円がその人の上限額となりそれ以上は借入をすることはできません。この借入ができる200万円は、複数の賃金会社の借入金額を合計したものとなります。
このように総量規制が設けられたことにより、その人に貸付できる限度額の上限は自動的に分かるようになりました。しかし、実際に消費者金融に申し込んで、上限額満額が一度に借りられる可能性はありません。必ず審査が必要となります。たとえ審査が通ったとしても、個人の属性(仕事の有無、勤務状況、他社からの借入状況など)を考慮しながら、消費者金融は貸し付け可能な限度額を決めていくのです。ですから、希望額よりも低い額でしか借りることができなかった、というケースが生じるのです。
希望額を借りることができないとがっかりするかもしれません。審査を受けて利用額は決定しますが、その額は二度と変えられないものではありません。貸金業は信用で成りたっています。消費者金融と間で、借り入れと返済をきちんと行い信用を築きあげていくなら、限度額を引き上げてもらうことも可能となるでしょう。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら